車の買取業者いろいろ

こんにちは!本日の話題は、車買取り店の色んな特徴についてです。あちらはあちらの思惑がありますので、それを分かっていると、売る側も何かと参考になると思います。中古車の価格というのは、単に年式や走行距離などだけが決定要因ではありません。買取り店の様々な事情が影響してきますので、その辺を考えていくことも大事です。

 

買取り業者には、新車ディーラー、中古車専門店、車買取り専門店の3種類があります。新車ディーラーでは、新車の販売を促進するため、サービスとして中古車の下取りをしてくれる感じになります。ですから、この場合は新車を購入することが必須になりますね。

 

中古車専門店というのは、中古車買取りを行い、その車を整備して販売するという業者です。そして、車買取り専門店は、その名の通り買取を専門にしている業者のことです。買い取った車は中古車オークションなどで販売することになります。

 

一般的には、この3者を比較した場合、新車ディーラーが最も買取り価格が低くなる傾向があります。しかし、1箇所で中古車の処分と新車購入が一度に出来てしまうという便利さや、新車価格の交渉も同時に出来るというメリットもあります。

 

また、中古車専門店は、買い取った車が、そのまま自分のところで売る中古車となりますので、人気の車種やその業者の専門とするモデル、タイプなどは高値で買ってくれる場合があります。また、買い取って販売する過程で、他の業者に手数料を払うこともありませんので、割とよい査定金額が期待出来ます。ですからここでは、その業者が得意な車種、欲しいと思っているであろう車種を事前にチェックしておくことが大事になってきます。

 

最後に車買取専門店ですが、最終的にはオークションで販売する車の買い付けですので、要するに仲介業者です。なるべく安く買って高く売るということで利益を出しますが、他の業者との競争もありますから、なるべく査定金額を高くするようには頑張ってくれます。オークションですと、買い手の市場が大きくなりますから、売れないだろうと思っていたような車にも値段が付く場合だってあるのです。

 

結論を言うと、どれが高値で売れるのか、なかなか判断つけがたいというところです。なので、なるべく査定はどっちの業者でも行うようにして、それぞれのメリットとデメリットを考慮した上でベストな選択をしていくのが良いでしょう。